薬剤師11

薬剤師としての資格や能力、経験を生かして企業で働きたいと思っている人は求人探しをするエリアをどこにするかをよく考えることが重要になります。千葉は企業への転職や再就職を検討している薬剤師にとって魅力的な候補として知られていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

デメリットと合わせて理解し、仕事を探すときの参考にしてみましょう。

郡山で薬剤師の求人を探すときには

企業からの求人を探すのにエリア選びが重要な理由とは

薬剤師13

薬剤師が働く典型的な職場としては調剤薬局、病院、ドラッグストアが主なものとして知られていて、新卒の人が就職活動をするときには大半の人がこの三つの中から選んでいます。どの現場でも、薬剤師の国家資格があることによってできるようになる調剤が、業務として発生するのが特徴で、資格を生かして働くことが可能です。

ドラッグストアでは調剤に対応していない場合もありますが、それでも一般用医薬品の取り扱いがあるのが普通なので、医薬品のプロフェッショナルとしての力を生かせるでしょう。しかし、これ以外の就職先を探す人も少数派ではあるものの存在しているのは事実です。

また、転職のときに企業を候補に挙げることも少なくありません。薬剤師が企業からの求人を探すときにエリアをどこにするかをよく考えるのが重要だということは転職市場ではよく知られていますが、なぜエリアが重要になるのかを理解しているでしょうか。

調剤薬局や病院、ドラッグストアの転職先を探したことがある人の場合には特にエリアは重要ではないと考えてしまうかもしれません。この三つに関してはどのエリアを選んでも主要な都市の近くになればかなりの数を候補にできるからです。

都会に比べると地方の方が調剤薬局やドラッグストアの数は少ないのは確かですが、働いてくれる薬剤師も少ない影響で求人はかえって豊富にあることも稀ではありません。これに対して企業の求人はエリアごとに偏りがあります。

企業は都会に拠点を置いているケースが多く、地方に向かっていくにつれて減少する傾向があります。一般企業に就職したいという人が求人を探すエリアとして東京や大阪などの大都市を選んだり、地元の近くにこだわるとしても県庁所在地の市を選んだりするのは求人が豊富にあるからに他なりません。

つまり、そもそも求人がなくて困ってしまうという状況に陥らないためには都市部を選んで求人探しをすることが必要なのです。さらに、業界によってどの地域に拠点を置いているかにも偏りがある場合も多く、同じ種類の企業が同じエリアに集まっていることで提携をしやすいというメリットがあることが知られています。

その影響も考慮してどのエリアで仕事を探すのかを決めることにより、豊富な選択肢の中からより良いものを選べるようになるのです。


薬剤師にとって魅力的な企業からの求人とは

薬剤師が転職先や再就職先を見つけるために企業からの求人を探すときには、資格を生かしたり、薬剤師としての知識や経験などを生かせるようにしたいと考えるのがもっともなことです。

その観点からどんな企業でどのような仕事に携われるのかを考えてみましょう。まず有力候補として揚げられるのが製薬企業です。製薬企業では医薬品について詳しい薬剤師を色々な職種で募集しています。研究職の募集も少なからずありますが、一般的に求められているのは修士以上の学歴がある人なので注意しましょう。

研究歴がない人の場合にはMRや薬事が主なもので、広報、企画、事業開発などの事務職でも資格を持っている人が優遇されていることがよくあります。一方、製薬企業だけでなく医療機器メーカーも含めた医療業界の企業では薬剤師が重宝されています。

医薬品について詳しい有資格者だというだけでコールセンターのスタッフとして雇っていることも珍しくありません。また、医療機器でも薬事が関わるので開発職での採用があり、MRについても関連する知識を持っているはずだからという理由でよく目を向けられています。

病院勤務の経験がある人の場合には臨床開発モニターの求人でも優遇されている場合が多く、高い待遇で働けることも少なくありません。医薬部外品や化粧品、健康食品のメーカーでも薬事との関連性が深い商品を開発していることから開発職での需要が高くなっています。

この他にもメディカルライターとして医療に関わる雑誌などの記事を書く専門家としてマスコミや医療雑誌系の企業で働く道も選ぶことが可能です。薬剤師の資格や経験の生かし方次第で色々な選択肢があることがわかるでしょう。

薬剤師が千葉で求人を探すメリット

薬剤師18

このような状況を踏まえてみると薬剤師が千葉で求人を探すメリットは何があるのでしょうか。千葉では千葉市を中心として大きな企業がオフィスを置いていることが多く、医薬品や医療機器、化粧品などのメーカーでMRや開発職で働くことができます。

また、メディカルライターやコールセンターのスタッフの求人もしばしば出されています。市街地を離れると工場がたくさんあるという影響もあり、工場での品質管理をしながら薬事対応をする開発職の募集も少なくありません。

このような現場で働きたいなら求人を見つけやすいのがメリットです。


薬剤師が千葉で求人を探すデメリット

千葉で求人を探すデメリットについても確認しておきましょう。千葉では大手の医療系や化粧品のメーカーはあまり拠点を置いていないので、主に中小企業からの求人になってしまうのはデメリットになる可能性があります。

臨床開発モニターやメディカルリエゾンなどの求人はあまりないことから、病院での経験を生かしたい人には候補が少ないでしょう。また、製薬企業が研究開発の拠点を千葉にあまり置いていないので研究職も候補から外すことになることは否めません。

選択肢はかなり限られてしまうということは念頭に置いて千葉で求人を探す必要はあるのです。

千葉に限定するのはリスクが高い

千葉には確かに企業からの薬剤師の求人が常に出されているというメリットはありますが、業界や職種はかなり限られてしまいがちです。より広い選択肢から選びたい場合には千葉だけに限定して求人を探すのはリスクが高いと考えましょう。

千葉に住んでいるというのなら東京への通勤も候補にしてみるのが賢明です。東京は千葉と違って工場は少ないものの、大手企業が拠点を置いていることが多いというメリットがあります。千葉にはない求人が見つかりやすいので前向きに検討してみましょう。