薬剤師1

薬剤師の求人をどこでどのようにして探すかは魅力的な職場に出会えるかどうかを大きく左右する重要なポイントです。参考サイト:ドラッグストア求人

郡山で薬剤師として働きたいと思っている人はどんな探し方をしたら良い求人を見つけられる可能性が高いのでしょうか。ベストなやり方は人によって違うので、職場を決める上での考え方を学んでおきましょう。

企業で働きたい薬剤師が千葉で求人を探すメリットとデメリット


探し方をまず考えよう

まずは薬剤師の求人をどのような形で探していくかを考えてみましょう。一般的な方法として知られているのが求人サイトや求人誌などを利用して応募したい求人を見つけ出す方法です。特に求人サイトを使う方法は条件で簡単に検索できるので人気が高くなってきています。

民営の求人サイトがたくさんあることに加え、ハローワークも利用することが可能です。ハローワークは在職中の人は利用できないものの、仕事を辞めてしまった人の場合には失業保険を受け取るための条件にもなっているので使ってみる価値があります。

施設が求人を出すときに費用がかからないというメリットもある影響で求人サイトなどと出ている求人が異なることもあります。一方、薬剤師にとって魅力的な方法としてだんだんと広まってきているのが転職エージェントを利用するものです。

転職エージェントとは人材紹介会社のことで、薬剤師を探している施設からの依頼を受けて適任者を紹介しています。薬剤師が相談を持ちかけると希望やキャリアについて詳しくヒアリングしてくれて、その内容に応じて求人を紹介してもらえるというのが一般的です。

紹介料は施設から受け取っているので、薬剤師が利用するのは無料になっています。気軽に自分の希望に合った求人を探したいという人にも向いていますが、キャリアを生かせる仕事を見つけたいときにも適している方法です。

郡山ではこれらのどの方法も利用することができます。どの方法がベストと言えないくらいに傾向に偏りがないので、自分に合っているものを選ぶようにしましょう。

全体的な求人の傾向をつかんでおこう

次に重要になるのが薬剤師求人の全体的な傾向をつかむことです。求人を出している施設の種類や給与などの待遇については地域ごとに傾向が異なっています。一般的にはこうなっているという情報を鵜呑みにしてしまうと郡山では事情が異なるというのに気づかないこともあるので注意しましょう。

郡山では調剤薬局からの求人が大半を占めていて、それにドラッグストアからの求人が続く形になっています。ドラッグストアも調剤をしているところからの求人が主流なので調剤経験がある薬剤師の方が有利です。

ただ、未経験可という求人も調剤薬局、ドラッグストアのどちらからも出されています。調剤薬局としては病院の門前薬局が多いものの、街中にあるクリニック周辺の調剤薬局からも求人があります。待遇についてはどちらもそれほど大きな違いはないものの、門前薬局の場合には仕事が忙しくなりがちで残業が発生しているところが多めです。

それでも働くモチベーションを上げてもらうために福利厚生を充実させている薬局が目立ちます。

子育てやスキルアップなどの各種支援制度があるところが見つかりやすいのが特徴です。一方、ドラッグストアでは調剤薬局よりもやや給料が高めになっています。ただ、夜が遅くなる日がある、土日祝日も営業しているので出勤になる日が多いという点も考慮する必要があるでしょう。

臨床現場で働きたい人にとっては病院からの求人が魅力的ですが、郡山でも数こそ多くはないものの、大抵はいくつか求人を見つけられます。給与水準はあまり高くないというのは他の地域とも同じで、患者の治療に携わりたい、キャリアを構築していきたいという人に向いています。

また、福利厚生が充実しているのは病院に共通する点で、郡山でも院内託児施設を利用できるなどの女性に優しい設備や制度が整っているところが多いのは魅力でしょう。一方、地域によっては病院の求人に日勤のみというのがありますが、郡山ではあまり見かけられません。

それほど薬剤師の数を確保できていないケースが多く、交代制で夜勤をしているのが普通だからです。

やりたいことを決めてから探し始めよう

このような状況を全体的に把握した上で、求人を探してみる前にやっておきたいのが薬剤師としてどんな業務に取り組んでいきたいかを決めることです。

まずは大まかに調剤薬局、ドラッグストア、病院のどの現場の業務なら前向きに取り組めるかを考えるのが良いでしょう。調剤と服薬指導をテキパキとこなしていくのが調剤薬局で求められることで、人とのコミュニケーションと端的な説明ができるスキルが求められます。

薬剤師の数が多いので相談しながら働けるという点で安心できるでしょう。ドラッグストアでは調剤を担当することになっても頻度はあまり高くないのが一般的です。むしろ一般用医薬品の説明や在庫管理が薬剤師としての主要な業務になります。

通常は品出しやレジ打ちなどの業務も兼ねて行うことになるでしょう。病院では入院患者の調剤をしたり、医療チームの一員として症例に応じた治療に参画したり、医薬品情報をまとめて病院内に発信したりといった多岐にわたる業務があります。

複数の業務を兼任することも多いのでやりがいがある反面、忙しさに追われる可能性もあるので注意が必要です。

周辺まで探すかをよく検討しよう

郡山市内に限定して働きたいのであれば以上のような傾向を元にしてやりたい仕事を探せば良いでしょう。ただ、周辺まで求人を探した方が選択肢は広くなります。基本的にはマイカー通勤ができるようになっているので通勤可能な範囲で探すというのも賢い方法です。

選択肢がなかったら周辺まで求人を探すという方針も悪くはありません。特別な理由がないなら郡山市内に限定しない方がより良い職場を選べる可能性が高まります。

将来性も考えて決めよう

薬剤師11

これから薬剤師としてどんなキャリアを作り上げていくのかも考えて求人を選ぶのも重要です。将来性が高くてキャリアアップ可能な方が良いのか、同じ仕事をしてずっと働いていければ良いのかによって選ぶと良い職場にも違いがあります。

病院でスキルアップを目指すか、調剤薬局で安定して働くか、ドラッグストアで店長やエリアマネージャーを目指していくかといった色々な角度から将来のことも考えて求人を選ぶようにしましょう。